正しいスキンケア方法

アトピー肌の方は正しいスキンケアを身につけて肌トラブルを回避していきましょう。入浴後には肌が乾燥をしないように5分以内に保湿クリームを塗ります。保湿クリームを塗るときにはこすったりしないように手のひらで優しくつけていきます。

保湿クリーム乾燥が激しい場所にはきちんと塗り残しがないようにつけていきます。アトピーの症状がひどくないときでも入浴後には保湿クリームを塗ってスキンケアを怠らないようにすることが大切です。症状が改善するとスキンケアを怠りがちになってしまいますが、継続的にスキンケアを行うことで乾燥を防ぎバリア機能を上げることができます。外部からの刺激が少なくなれば痒みが出てくることも少なくなります。

保湿クリームはどのようなものでも構いませんが、きちんと保湿成分が入っているものを使いましょう。伸びが良いもの、べたつきが少ないものなどいろいろなタイプがありますが、使い勝手の良いものを選ぶと良いです。また、夏場はべたつきが少ないもの、冬場はしっとり感が強いものなど季節に応じて使い分けをしても良いです。

継続して使っていくものなので、使いやすいもの、皮膚の刺激を感じないもの、継続して使っても経済的に負担にならないものを選んで購入すると良いです。

参考資料…みんなの肌潤糖
アトピーのスキンケア用品を販売しています。


正しい入浴方法

入浴方法アトピー肌の場合、感想をすると痒みが強くなるため、入浴をして肌が乾燥をすることを嫌がる方もいますが、肌を清潔に保つためにも入浴は必要です。正しい入浴方法を身につけていれば乾燥がひどくなることはありません。

体を洗うときには石けんを直接肌にこすりつけてはいけません。しっかりと泡立ててから、その泡で体を優しく洗っていきます。決してこすってはいけません。ナイロンたわしなどを使うと余計な刺激を与えてしまいます。木綿のタオルを使いましょう。

石けんで洗った後はしっかりとすすぎます。石鹸が残ったままでは乾燥が進みます。すすぎ残しのないように気を付けましょう。

湯船に浸かる時にも注意が必要です。長時間熱いお湯につかっていると痒みが出てきます。ぬるめのお湯につかりましょう。保湿成分の入った入浴剤を用いると、湯船に浸かりながら保湿ケアができるのでおすすめです。

湯船から出た後は肌が乾燥しやすくなってしまいます。お風呂から出たらすぐに保湿ケアをして肌を乾燥から守ることが必要です。5分以上たってしまうと、肌がどんどん乾燥をしてしまいます。お風呂から出た後にすぐに保湿ケアができるようにあらかじめ準備してから入浴をすると良いです。


アトピーのスキンケア

多くの方がアトピーに悩んでいる現状があります。アトピーになると顔や首、ひじなどに痒みが強く出てきますし、発疹が現れます。強い痒みが繰り返し襲ってくるため、つい肌をかきむしって余計に肌トラブルが大きくなってしまう場合もあります。

アトピーアトピーになっている方の皮膚は極度の乾燥状態にあります。バリア機能が低下しているため、外からの刺激を防ぎきることができず外部からの刺激が入りやすく、さらなる肌トラブルが起きやすい状態になっています。

皮膚が乾燥をしていると外部から刺激を受けやすくなり、肌がかゆくなります。肌を掻きむしると、さらに肌の乾燥が悪化します。痒みが出てきて肌を掻きむしり、さらに肌が悪化する悪循環を繰り返すことになってしまいます。

肌がかゆいのは極度に乾燥をしているからです。肌の乾燥を防ぐことができればかゆみを抑えることにもつながります。そのため、アトピーの肌の方はスキンケアで保湿が重要になってきます。しっかりと保湿を行い、肌をしっとりとさせ乾燥を防ぐことができれば肌のかゆみは徐々に治まっていくので、掻きむしることもなくなっていきます

肌に水分を補給してもそのままの状態では肌表面から水分が蒸発をしてしまいます。水分を蒸発させないためには、皮脂が必要です。肌表面に星があれば水分を逃すことがなくなるため乾燥を防ぐことができますし、バリア機能も正常になるので外部からの刺激に影響されることがなくなります。ここではアトピーのスキンケアについて、正しい入浴方法スキンケア方法について詳しく説明しています。