正しい入浴方法

入浴方法アトピー肌の場合、感想をすると痒みが強くなるため、入浴をして肌が乾燥をすることを嫌がる方もいますが、肌を清潔に保つためにも入浴は必要です。正しい入浴方法を身につけていれば乾燥がひどくなることはありません。

体を洗うときには石けんを直接肌にこすりつけてはいけません。しっかりと泡立ててから、その泡で体を優しく洗っていきます。決してこすってはいけません。ナイロンたわしなどを使うと余計な刺激を与えてしまいます。木綿のタオルを使いましょう。

石けんで洗った後はしっかりとすすぎます。石鹸が残ったままでは乾燥が進みます。すすぎ残しのないように気を付けましょう。

湯船に浸かる時にも注意が必要です。長時間熱いお湯につかっていると痒みが出てきます。ぬるめのお湯につかりましょう。保湿成分の入った入浴剤を用いると、湯船に浸かりながら保湿ケアができるのでおすすめです。

湯船から出た後は肌が乾燥しやすくなってしまいます。お風呂から出たらすぐに保湿ケアをして肌を乾燥から守ることが必要です。5分以上たってしまうと、肌がどんどん乾燥をしてしまいます。お風呂から出た後にすぐに保湿ケアができるようにあらかじめ準備してから入浴をすると良いです。